* 和・洋菓子 山久 和・洋菓子 山久 * * * * 和菓子の留庵・店舗直売
* 和・洋菓子の山久トップページへ移動 山久の和菓子・洋菓子のご紹介 和・洋菓子直販店舗のご紹介 和菓子・洋菓子のちょっとしたコラム ご購入はこちらから 会社概要
会社概要 会社沿革 通信販売法に基づく表示 採用情報 お知らせ

和・洋菓子 製造販売 オンライン販売 山久 会社概要 *
*  昭和25年 株式会社 山久商店として創立、昭和32年から寒天卸業を開始、  昭和44年には、群馬県桐生市に菓子製造工場を建設、一口和菓子 「小舟最中」のヒットが菓子製造のきっかけとなりました。
 昭和48年第18回全国菓子大博覧会において、「小舟最中」が大臣賞を受賞、 昭和52年第19回では、高松宮名誉総裁賞を受賞しました。


  昭和50年頃から「あんみつ」「心太」「焼菓子」の製造開始、
昭和63年「蒸菓子(るあん)」を、平成3年には桐生本工場を建設、
  「菓処 留庵(るあん)本店」の開店に伴い生菓子部門を強化し
和菓子専門店を本格的に開始致しました。
 その後「どら焼」「ワッフル」を製造、全国の和菓子専門店様へお届けしております。
新しいあんみつの「寒天ぜんざい」などの企画、生菓子類の「コーヒー大福」ヒット、
「和風サブレ」などの新商品も発売されました。


 昭和25年に創立しまして、今年で68年目を迎えました。
高きこと尊からずしき故に尊し」、これは「大きな会社にはならなくとも、
長く続け歴史を作ることが尊い(大切である)」を信条としております。
  これからも、「安心・安全」と「感動ある商品づくり」をモットーに、
美味しい」と感動して頂ける商品の開発を、従業員一同一丸となって携わっております。
 

■ 商号

株式会社 山 久


■ 設立年月日 昭和25年7月18日

■ 所在地 東京都北区志茂 5−12−5

■ 資本金 3000万円 (発行済み株式総数 600,000株)

■ 役員
代表取締役社長 細田 正樹
専務取締役 飯塚 源行 (製造部門)
専務取締役 伊藤 彰啓 (営業・業務部門)
相談役 伊藤 精亮
監査役 細田 英明

■ 従業員・パート数 50名

■ 製造品目 和・洋菓子類  和半生菓子類  各種あんみつ類  

■ 関連事業 各種寒天・ゲル化剤卸業  和菓子小売業(菓処 留庵 2店舗)

↑UP


和・洋菓子 山久会社沿革
                                                

昭和25年 東京都北区田端町にて株式会社 山久商店として創立

昭和32年 寒天卸業と即席カレー製造販売を開始
天然寒天・工業寒天など関東地方を中心に、東北地方より中部東海地方の
菓子製造業者・ 菓子材料問屋へ販売

昭和37年 三井物産株式会社の寒天販売部門の特約店となる

昭和40年 4月東京都北区神谷2-50-6へ本社移転

昭和43年 即席カレーの営業権を譲渡

昭和44年 群馬県桐生市に工場建設、 一口和菓子「小舟最中」製造開始

昭和46年 伊那食品工業株式会社関東総代理店となる

昭和48年 第18回全国菓子大博覧会において、「小舟最中」が大臣賞を受賞

昭和50年 「あんみつ」 「心太」の製造開始

昭和52年 第19回では「小舟最中」が高松宮名誉総裁賞を受賞

昭和56年 第一工場を新装落成、
「焼菓子」 「あんみつ」 「ミニどら焼」の全自動機による生産を開始

昭和61年 社名を「株式会社 山久」へ変更、業種も「菓子製造卸・寒天卸業」へ

昭和63年 第二工場に「蒸菓子(パフケーキ)」の一貫ラインを設備し製造開始
アンテナショップ(現 留庵 南店)をオープン、「るあん」の発売開始

平成2年 第一工場が、群馬県食品衛生協会賞(優良施設)を受賞

平成3年 桐生本工場を建設し、蒸菓子ラインを移設、
菓処 留庵(るあん)本店」の開店に伴い
生菓子製造部門を強化し、本格的に和菓子専門店を開始
第二工場において、あんみつ組立作業と配送センター化の開始

平成4年 菓処 留庵 相生店オープン

平成6年 王子法人会「優良申告法人」となる
第二工場にて「どら焼」全自動ラインによる生産開始

平成7年 第一工場が、群馬県知事賞(食品衛生優良施設)を受賞

平成9年 あんみつパーツ用「特殊ピンホール検出機」の導入
餡・みつ等の充填自動機の新設

平成10年 「ワッフル」自動ラインによる生産開始

平成11年 FC1号店 菓処 留庵 赤堀店オープン
王子法人会「優良申告法人」再表敬される

平成12年 創立50周年を迎える

平成13年 第一工場にて焼菓子専用大型トンネル釜を新設

平成14年 新しいあんみつの企画「栗入り寒天ぜんざい」 「栗入り抹茶あんみつ」発売

平成15年
本工場が、群馬県食品衛生協会賞(優良施設)を受賞

第一工場にて新型焼菓子専用包餡機増設
あんみつ新製品第二段 「丹波黒豆かん」を発売

平成16年 本工場にて生菓子専用新型包餡機増設 「コーヒー大福」他増産化開始
大型オーブンを新設、「和風サブレ」(黒豆・胡麻・青のり)を新発売

平成17年 株式会社桐生織物観光センターと提携、東工場にて「蒸菓子 他」製造開始
FC2号店 菓処 留庵 東店オープン(桐生観光センター内)
山久・菓処 留庵ホームページ開設

平成18年 桐生本工場を増改築し第二工場と統合、生産体制の強化を実施

平成19年 第一工場にて焼菓子専用包餡機新設
群馬テレビにて、3月2日(金)「ビジネスジャーナル」放映
且R久創業者 細田義夫(相談役)4月19日他界する
本工場生菓子部門 「蒸器」「餡煉り釜2機」設備強化
第一工場焼菓子部門 自動包装機械増設

平成20年
  第25回 全国菓子大博覧会(姫路)に出展、
  姫路菓子博覧会において、「栗太郎」が金賞受賞

  あんみつ部門 「製造現場の衛生面」の設備を強化
  本工場生菓子部門 「餡煉り釜2機」増設



平成21年
 10月20日「群馬県食品自主衛生管理認証制度」認証をされました。
 且R久 桐生本工場・第一工場・東工場の3ヶ所が認証されました。

 (財)群馬県健康づくり財団 : 群馬県が指定した審査機関
 「群馬県食品自主衛生管理認証制度」
 10月30日 群馬県ホームページ「認証施設一覧」に記載されました。

平成22年 創立60周年を迎える
第一工場にて冷凍保管庫を新設

平成23年 群馬県食品自主衛生管理認証制度を、工場視察の結果継続されました。

平成24年 2月1日より、菓処留庵の facebookを開設しました。


 平成24年10月20日に
 「群馬県食品自主衛生管理認証制度」が再認証をされました。
 且R久 桐生本工場・第一工場・東工場の3ヶ所が再認証です。

 (財)群馬県健康づくり財団 : 群馬県が指定した審査機関
 「群馬県食品自主衛生管理認証制度」
 群馬県ホームページ「認証施設一覧」ご参照下さい。

平成25年 7月:本工場の一部を改装、包材倉庫を設備
パフケーキ(蒸菓子)製造ラインを新たに設備
東工場(桐生織物観光センター内)のパフ製造ライン老朽化に伴い工場閉鎖

平成26年 2月1日より、菓処 留庵にてりんご蒸ケーキを新発売
リンゴジャムは、信州産のリンゴが原料です。


 平成26年7月22日(火)新社屋に移転
 新住所 : 東京都北区志茂5丁目12番地5号
 電話 : 03(3902)3531(代表)
 FAX : 03(3902)9634 
 ※電話・FAXは従来通りです。

平成27年 06月 菓処 留庵にて季節限定「富良野産メロン蒸ケーキ」を販売開始
10月 今期第2弾 紅あずまの季節限定「焼き芋蒸ケーキ」を販売開始


 平成27年10月20日に
 「群馬県食品自主衛生管理認証制度」が再認証をされました。
 且R久 桐生本工場・第一工場の2ヶ所が再認証です。

 (財)群馬県健康づくり財団 : 群馬県が指定した審査機関
 「群馬県食品自主衛生管理認証制度」
 群馬県ホームページ「認証施設一覧」ご参照下さい。

平成28年 01月 今期第1弾 季節限定「苺マスカルポーネ蒸しケーキ」を販売開始
06月 今期第2弾 瀬戸内産季節限定「レモン蒸ケーキ」を販売開始
07月 本工場・第一工場の全照明をLED設備、CO2削減に少し貢献出来る様になりました。


 10月味の素ゼネラルフーズ(AGF)と全国和菓子協会が共同で行った
 コンテストで、「コーヒーと和菓子のコラボレーション」のテーマで、
 弊社・飯塚寛行課長が「モカ珈琲蒸しどら」で金 賞を受賞しました
 

平成29年01月現在



↑UP

株式会社 山 久

所在地 : 東京都北区志茂 5-12-5
電話番号 : 03-3902-3531
菓処 留庵(るあん)

本店 : 群馬県桐生市広沢町 1-2753-8
赤堀店 : 群馬県伊勢崎市曲沢町 196-1