* 和・洋菓子 山久 和・洋菓子 山久 * * * * 和菓子の留庵・店舗直売
* 和・洋菓子の山久トップページへ移動 山久の和菓子・洋菓子のご紹介 和・洋菓子直販店舗のご紹介 和菓子・洋菓子のちょっとしたコラム ご購入はこちらから 会社概要




ルアンちゃん
和・洋菓子コラム 一覧

2009年05月01日・・・・・・『紅白まんじゅう製造工程』
2009年06月01日・・・・・・『みつ豆とあんみつの話』
2009年07月01日・・・・・・『橘菓祖:橘本神社』
2009年08月01日・・・・・・『水羊羹の製造工程』
2009年09月01日・・・・・・『黒豆大福の製造工程』
2009年10月01日・・・・・・『中秋の名月について』  「スーパームーン」加筆2015

<< 2008年07月01日 < * 索 引 * > 2009年11月01日 >>



ルアンちゃん

まだまだ残暑が残る季節です。
でも、「こよみ」は初秋でお菓子が美味しい季節です!

餅菓子と言えば、コーヒー大福と白大福に草餅、
   そして 黒・豆・大・福!
黒豆大福の製造工程を教えて下さい。
そろそろ、黒豆大福と温か〜いお茶が美味しいですね!
(黒豆大福)




(蒸す) 【もち米を蒸す】
 @前日、たっぷりの水に糯米を浸す。
 A充分に浸漬された米の水切りをする。
 Bセイロに移し、40〜45分程蒸上げる。


   − 写真左:蒸す−
【餅を搗く】
 @蒸し上がった「米」を餅つき機に移す。
 A弾力が出るまでよく搗き、きめ細かな餅にする。
 B硬さを調節しながら、加水する。


   − 写真右:餅を搗く −
(餅搗き)
(混ぜる) 【黒豆を混ぜる】
 @搗き上がった餅をバットに移す。
 A蒸上げた黒豆を加える。
 B黒豆が潰れない様に丁寧に混ぜる。


   − 写真左:黒豆を混ぜる −
【小倉餡の製餡】
 @前日、たっぷりの水に小豆を浸漬する。
 A煮上げた小豆の水気を切り、冷水に晒す。
 B釜に砂糖を加え加熱し糖みつを作り、Aの小豆を
   蜜漬けをします。
 C小豆こし餡に水を加え加熱し、Bの蜜漬け小豆を
   加え豆をつぶさない様に煉り上げたら出来上がり。
  − 写真右:製 餡 −
(製 餡)

(小分け) 【小分けする】
 @黒豆を混ぜた餅を小分けする。
 A餅生地は、45gの定量に段取りする。



   − 写真右:小分けする −


【包 餡】
 @小分けした餅生地を平らにする。
 A小倉餡を35gずつ餅生地にのせる。
 B黒豆が潰れない様、ヘラで餡を押えながら包む。


   − 写真左:包 む −
(包 む)
(出来上がり) 【出来上がり】
 @最後は指でしっかりつまみ、餅を閉じる。
 A包み上げたら、回しながら形を丁寧に仕上げます。
 B粉を大福の表面に塗して出来上がりです。


   − 写真左:出来上がり−

【関連項目】
 '06年02月16日 「黒大豆と枝豆」 '10年11月01日 「大豆・小麦の地名」
 '11年07月11日 穀物「大豆編」  '11年11月11日 「黄な粉」
 商品案内 : 「北海道産黒豆かん」

<調 査 : 生菓子部門>


*








↑UP

株式会社 山 久

所在地 : 東京都北区志茂 5-12-5
電話番号 : 03-3902-3531
菓処 留庵(るあん)

本店 : 群馬県桐生市広沢町 1-2753-8
赤堀店 : 群馬県伊勢崎市曲沢町 196-1