* 和・洋菓子 山久 和・洋菓子 山久 * * * * 和菓子の留庵・店舗直売
* 和・洋菓子の山久トップページへ移動 山久の和菓子・洋菓子のご紹介 和・洋菓子直販店舗のご紹介 和菓子・洋菓子のちょっとしたコラム ご購入はこちらから 会社概要




ルアンちゃん
和・洋菓子コラム 一覧

2008年07月01日・・・・・・『寒天について パート5』
2008年10月01日・・・・・・「栗」について
2009年01月01日・・・・・・『大福あれこれ』
2009年02月01日・・・・・・『七福神めぐり』
2009年03月01日・・・・・・『和菓子の葉』
2009年04月01日・・・・・・『八福神を発見』

<< 2007年04月01日 < * 索 引 * > 2009年05月01日 >>



ルアンちゃん
今年も秋に入り、美味しい食材が目につく季節になりました。
さんま・マツタケ・さつま芋・柿・栗など・・・・

そういえば、栗はよく和菓子に使われますね。
栗ってどんな種類があるのですか?
博士! 教えてください。

山久の焼菓子では「栗太郎」・「小判栗まん」が人気商品ですね。
お茶に「おまんじゅう」は定番ですね!




(栗) 【栗の種類】
栗は北半球の温帯域に分布し、4種類ありました。

@日本栗…縄文時代より植物資源となっており、
       野性の「芝栗」を品種改良したそうです。
       粒が大きいが特長です。
A中国栗…「天津甘栗」で有名な、中国原産の「板栗」は、
       渋皮が剥きやすく粒が小さいのが特長です。
Bヨーロッパ栗…主として地中海沿岸諸国で栽培され、それぞれの産地の国名を
          つけて呼ばれることが多いそうです。 
          中国栗と同様、小ぶりで渋皮が剥きやすいのが特長だそうです。
※アメリカ栗…アメリカ東部地域が原産でした。
          品質が良く、粒も大きいのが特長でしたが1900年頃に発生した
          「栗胴枯れ病」の被害により、ほぼ壊滅したと言われています。

【日本栗の歴史】
歴史はとても古く、縄文時代の遺跡からも数多くの栗の化石が出土しています。
平安時代には近畿の丹波地方で栽培され、現在でも栽培が行なわれています。
また、古事記や日本書記といった書物にも記載されているそうです。

【主な日本栗】
日本栗には色々な種類がありますが、ここでは代表的ものを一部紹介します。
@筑波:日本で最も広く栽培され、貯蔵性が良く・加工用として使われています。
A丹沢:早生栗の代表で主に8月下旬の盆過ぎから出回るそうです。
B銀寄:「丹波栗」ともいい、兵庫県・京都府・大阪府に位置する丹波地区で栽培
     されている歴史ある品種です。

【栗を美味しく食べるには】
栗を美味しく食べるには、見分け方が肝心です。
果皮に張りと光沢があって、ズッシリと重みがあるものを選びましょう。
栗を保存する際は、栗の水分が飛ばないようにビニール袋に入れ、冷蔵庫の0℃位
(チルド室の温度帯)で貯蔵すると良いそうです。
これは、栗が冬場気温の下がる時期に発芽の為「糖が増える」習性があるからです。
でも、秋の味覚は待ってられません!

(栗渋皮煮) 【栗あれこれ】
栗にはカリウム・葉酸・食物繊維・ビタミンC等が含まれ、
高血圧予防・便秘改善風邪予防等に良いそうです。
その一方でカロリーも高い食べ物で、茹で栗:167kcal
甘露栗:258kcal/100g(五訂食品成分表参照)です。
       ― 写真:渋皮付の甘露栗 ―

栗は古くから食べられていて、俳句や縁起物にも例えられ
 松尾芭蕉が「行く秋や 手をひろげたる 栗のいが」と読めば
 小林一茶も「栗拾ひ ねんねんころり 云いながら」という俳句を残しております。
又、戦国時代には武将が戦の際「勝ち栗」として、縁起担ぎに食べたそうです。
今でも「かち栗」という言葉が残っているます。

【関連項目】                
'08年05月01日 「みかん」の歴史 '15年05月01日 「いちご」の歴史
'15年06月01日 「みかん」の歴史U '15年07月01日 「さくらんぼ」の歴史
'15年08月01日 「パイナップル」の歴史 '15年10月01日 「さつま芋」の歴史
'15年12月01日 「りんご」の歴史 '16年04月01日 「桃」の歴史
'16年05月01日 「枇杷」の歴史 '16年06月01日 「メロン」の歴史
'16年11月01日 「柿の歴史・その他」 '17年06月01日 「レモン」の歴史
'17年08月01日 「すいか」の歴史 '17年09月01日 「梨」の歴史


<調 査:本社 営業部>

*








↑UP

株式会社 山 久

所在地 : 東京都北区志茂 5-12-5
電話番号 : 03-3902-3531
菓処 留庵(るあん)

本店 : 群馬県桐生市広沢町 1-2753-8
赤堀店 : 群馬県伊勢崎市曲沢町 196-1