* 和・洋菓子 山久 和・洋菓子 山久 * * * * 和菓子の留庵・店舗直売
* 和・洋菓子の山久トップページへ移動 山久の和菓子・洋菓子のご紹介 和・洋菓子直販店舗のご紹介 和菓子・洋菓子のちょっとしたコラム ご購入はこちらから 会社概要




ルアンちゃん
和・洋菓子コラム 一覧

2007年01月01日・・・・・・迎春の和菓子『花びら餅とうぐいす餅』
2007年01月16日・・・・・・砂糖の話題『黒糖』と『和三盆糖』
2007年02月01日・・・・・・『節分はいつ頃から始まったのですか?』
2007年02月16日・・・・・・和菓子原料の『もち米いろいろ』
2007年03月01日・・・・・・関東風『桜餅の出来るまで』
2007年03月16日・・・・・・『お彼岸の由来』と『おはぎ』

<< 2006年10月01日 < * 索 引 * > 2007年04月01日 >>



ルアンちゃん
生菓子と言えば「餅のお菓子」です。
  餅菓子の代表は、もちろん「大福もち」ですね。
お餅は、全て「もち米」から作られていると思っていました。
  もち米には、他にも色々な種類の原料があるのですね。
博士、今日もいろいろ教えて下さい。


こんなに沢山のお菓子を紹介されると、
  今日の3時のおやつを、迷ってしまいま〜す!




(もち米拡大します) 【もち米】
@大福を始め、多くの餅菓子の原料として使われます。
Aアミロペクチンという粘りの強い澱粉質のお米です。
B生米を一晩水に浸漬して、蒸した後に餅を搗きます。
C「おはぎ」「赤飯」正月の「お供え餅にのし餅」など。
   − 写真左:も ち 米 −



(道明寺) 【道明寺】
@もち米を浸漬した後、蒸して乾燥させます。
A次に2つ〜3つ程の大きさの粒上に粗挽きします。
B出来上がった原料は、透明感のある褐色です。
C関西風「桜餅」、「みぞれ羹」「椿もち」に使用します。
※戦国時代の携帯食としてお湯や水に浸して食べた
 そうです。  2006年3月1日コラムをご参照下さい。
   − 写真右:道 明 寺 −


(もち粉拡大します) 【もち粉】
@求肥粉とも言われます。
Aまず最初に、もち米を水洗いします。
B次にロールで製粉してから、乾燥して出来上がります。
Cきめの細かい粉に仕上がり、求肥餅や大福・最中種の
 原料として使われます。
   −写真左:も ち 粉−



(白玉粉) 【白玉粉】
@寒ざらし粉とも言われます。
Aもち米を洗浄後、浸漬し水挽きします。
B水を加えて撹拌し、沈殿と晒しを繰り返します。
C脱水して乾燥したら仕上がりです。
D白玉・うぐいす餅・ねりきり・求肥などに使用します。
   −写真右:白 玉 粉−



(上南粉拡大します) 【上南粉】
@極みじん粉とも言われ、主に打菓子に使用します。
A米を洗浄した後、蒸上げ乾燥させます。
B製粉した後、焙煎して仕上げます。
C姉妹原料に「寒梅粉:餅にしてから焼上げて製粉」と
 「新引粉:釜で焼上げ製粉=おこしの原料」があります。
D弊社は、麦饅頭や和菓子のつなぎなどに使用してます。
  −写真左:上 南 粉−



(上新粉拡大します) 【上新粉】
@うるち米を原料で、洗浄し乾燥後に製粉します。
A草餅・柏餅・焼き団子などの原料に使われます。
B姉妹原料:「上用粉:さらに粒子が細かい粉」
 「かるかん粉:乾燥せず仕上げた生粉で風味が良い」
  −写真右:上 新 粉−


【関連項目】
 '06年03月16日 「お は ぎ」    '06年04月01日 「もち米とうるち米」
 '07年03月16日 「お彼岸とおはぎ」 '10年07月01日 「お米の伝来」
 '10年08月01日 「お米について」  商 品 案 内 : 「生菓子(大福他)」

<調 査:菓処留庵 生菓子部門 >

次回は、「関東風桜餅が出来るまで」がテーマです。
*








↑ UP

株式会社 山 久

所在地 : 東京都北区志茂 5-12-5
電話番号 : 03-3902-3531
菓処 留庵(るあん)

本店 : 群馬県桐生市広沢町 1-2753-8
赤堀店 : 群馬県伊勢崎市曲沢町 196-1