* 和・洋菓子 山久 和・洋菓子 山久 * * * * 和菓子の留庵・店舗直売
* 和・洋菓子の山久トップページへ移動 山久の和菓子・洋菓子のご紹介 和・洋菓子直販店舗のご紹介 和菓子・洋菓子のちょっとしたコラム ご購入はこちらから 会社概要




ルアンちゃん
和・洋菓子コラム 一覧

2006年01月01日・・・・・・砂糖は何から出来ている?
2006年01月16日・・・・・・砂糖は何から出来ている:『甜菜』』
2006年02月01日・・・・・・お赤飯の赤い豆:『小豆』と『ささげ』/a>
2006年02月16日・・・・・・『黒豆(大豆)』と『枝豆』は同じ!
2006年03月01日・・・・・・お好きな桜餅は『関東風』・『関西風』?
2006年03月16日・・・・・・『つぶ餡・こし餡』どちらがお好き

<< 2005年12月16日 < * 索 引 * > 2006年04月01日 >>



ルアンちゃん
もうすぐ春のお彼岸です。
お彼岸には「おはぎ」が欠かせません。

博士、「ぼた餅」とも言いますがどう違うのですか?
他にも「夜船?」「北窓?」などの名前もあるとか・・・

皆さんは、「こし餡」それとも「つぶ餡」どちらがお好きですか?
私は、断然「つぶ餡のおはぎ」が好きです。 「きな粉」も美味し〜いな!




おはぎ
「ぼた餅」は、牡丹の花咲く春のお彼岸に食べる事から、 「おはぎ」は、萩の花咲く秋のお彼岸から由来してます。
又「ぼた餅」はこし餡、「おはぎ」はつぶ餡だった様です。

小豆の赤色は、邪気を払う事が出来る信仰から、彼岸に食べる風習が定着されたそうです。

秋小豆の収穫時期には、軟らかい表皮の小豆で炊いたつぶ餡の「おはぎ」でした。
春は冬を越した小豆の表皮が硬くなる為、表皮を除き漉した餡を使いました。
あなたは、「こし餡」それとも「つぶ餡」どちらがお好みですかな?

「おはぎ」には、まだ色々な名前が有ります。
作り方から由来して、餅を搗く時の掛け声の風習から
  「夜 船」:搗き知らず⇒着き知らず⇒何時着いたか分からない夜の船
  「北 窓」:搗き知らず⇒月き知らず⇒月が見えない北の窓
  「隣不知」:何時搗いたか分からない
などなど、古くから庶民のお菓子として広く親しまれていました。


【関連項目】
 '06年02月01日 「小豆」と「ささげ」  '06年03月16日 「お は ぎ」
 '06年04月01日 「もち米とうるち米」 '06年09月16日 「小豆の歴史」
 '06年10月01日 「小豆餡」      '06年10月16日 「白小豆」
 '06年11月01日 「白餡と黄味餡」  '07年02月16日 「もち米色々」
 '07年03月16日 お彼岸と「おはぎ」 '10年07月01日 「お米の伝来」
 '10年08月01日 「お米について」  '10年10月10日 「小豆の地名」
 '11年05月11日 穀物「小豆編」   '11年06月11日 穀物「インゲン豆編」
 '12年04月01日 「羊かんの歴史」
  

<調査員:菓処 留庵 中村賢一>

*








↑UP

株式会社 山 久

所在地 : 東京都北区志茂 5-12-5
電話番号 : 03-3902-3531
菓処 留庵(るあん)

本店 : 群馬県桐生市広沢町 1-2753-8
赤堀店 : 群馬県伊勢崎市曲沢町 196-1